入浴剤にも「バスクリン」「バブ」「バスロマン」色々な入浴剤がありますが、実は簡単に手作りできます。

 

配合も自由に自分にあったものが作れます。

 

しかも肩こり、首こり、腰痛、筋肉痛、くじき、打ち身、ニキビ、ストレス解消、老廃物の排泄、血行不良、冷え性などにも効果があり、なにもわざわざ合成着色料などが入った市販のものを買う必用はありません。

ぜひ安全で安心でしかも効果のある入浴剤を手作りしてみてください。

 

さらに死ぬまでに一回は使ってみたい市販の入浴剤も2つご紹介します。

そして最後にとっておきの効果抜群手作りスーパー入浴剤もご紹介します、こちらは私がやみつきになったしろものです。コスパもいいです。

 

きっとお風呂がいつもに増して楽しくなること請け合いです。

 

肩こり・首こり・腰痛に効く入浴剤の作り方とおすすめの市販入浴剤2選!

 

<オリジナル入浴剤の作り方>

 

材料を揃えよう!

4種の定番ドライハーブ

ローズマリー:別名マンエンロウ

「若返りのハーブ」「記憶のハーブ」の異名を持ち頭が疲れた時・筋肉疲労・殺菌作用と「香り」をかぐだけで気分がスッキリします。

スーッとする強い香りが脳を活性化させるすっきりとしたグリーン系の香りです。

 

 

ジュニパーベリー

 

通常は乾燥して販売されています。肉・ソース、および詰め物など風味付けするために使用されます。

一般的に使用前に粉砕してその風味を抽出します。

ジュニパーの実は特定のビールとジンを味わうために使われます(”ジン”という言葉は古フランス語の”ジュニパー”)という意味だそうですよ。

 

 

レモングラス

シャープな香りで気分をリフレッシュしてくれる作用があります。心にエネルギーを与え、疲労感を取り除いて集中力を高めるのに向いてます。レモンに似た爽やかな香りです。タイ料理「トムヤンクン」の風味付けや、カレーのスパイスに使用される事で有名ですね。また消化を助けたりもたれた胃にも最適です。

 

 

スペアミント:別名ハッカ

オランダのはっかです。清涼感の中に甘味のある強い香りです。鎮痛作用・殺菌作用もあり夏用の入浴剤や化粧品に最適ですよ。ミント特有のメンソール成分が胃もたれや風邪の初期などに良いです。

 

 

天然岩塩も集めよう!

ヒマラヤ岩塩
ヒマラヤ岩塩はヒマラヤ山脈の海抜5000m付近、汚染されていない地中から発掘される天然岩塩の原石を使いやすいパウダータイプにしてあります。

様々な料理に使える大変貴重な塩です。

リッチで豪華な気分に浸れるかも(笑)

また粒子が非常に細かいので、マッサージソルト、バスソルトとしても注目を集めています。

食用・入浴用どちらでもOKです。

※(お風呂のお湯(200L)に約ベニ岩塩30g~50gの割合で入れるといいです)

ボリビア岩塩
3億年の昔、海の底にあったアンデス山脈は地殻変動により上昇!

海面上に顔を出し、現在の標高4000メートル級の山々を形成しました。

この時、大地と共に押し上げられた海水が天日によって自然乾燥され推積したものがアンデスの岩塩です。

それを粉砕しただけの自然のままの塩。海の恵みがそのまま化石化した宝石、それが紅塩(ローズソルト)です。

1kg約¥1,000ほどで購入できます。粗塩でも充分です。

 

他に手作り塩でここのところ人気が出てきたコレもおすすめです↓

<サンタフェ 星野家の手作りマッサージ塩>

Amazonで見つけ毎日使っています、ふるい角質層がバッサバッサ落ちてお肌がつるんつるんになりました。

とくにかかとのふるい角質はサンドペーパーをかけたようにツルツルになりました。

 

肩や首筋も直接これでお風呂の時にマッサージしてます。肩こり・首こりも楽になりました。

なんと頭皮もお湯で薄めてマッサージしてますw

値段は2500円くらいなのでお手頃だと思います。一推しの塩です。

(うちの猫も興味津々ですw)

 

定番の精油も集めよう!

 

エッセンシャルオイルなら鮮度も保てて無駄にならずいいですね。

エッセンシャルオイルや岩塩などはコチラから購入できます。一つ650円~くらいです。

  • アメ横のカワチヤ食品(https://kawachiya-foods.com/)
  • 生活の木(https://www.treeoflife.co.jp/products/essentialoil.html)
  • Amazon

 

植物名 香りの特徴 主な作用
カモミール リンゴに似たほのかに甘い香り イライラした神経を穏やかに。ストレス性の胃の働きを活性化する。
セージ ナッツに似た甘く暖かい香り 不安・緊張をほぐし、疲労感を取り除いてくれる。肉体疲労時にも効果がある。
サンダルウッド オリエンタルな香り 白檀の事。精神を安定させ瞑想タイムや心身をクールダウンしたい時に。のどの痛みにも有効。
ハッカ 清涼感のある爽やかな香り メントール含有量が多く、スーッとする爽快な香りで気分をリフレッシュ。
ひのき 爽やかな森林の香り 心と体の疲れを癒し、森林浴をしている様な爽やかな気分にしてくれる。
ローズマリー すっきりしたグリーンの香り スーッとする香りが脳を活性化し集中力・記憶力を高める。頭痛・肩こり・冷えの緩和に。
レモングラス レモンに似た爽やかな香り シャープな香りが疲労感を取り除き集中力を高める。
ベルガモット 柑橘系のスパイシーな香り 神経の緊張を和らげ、不安・心と体が疲れた時に・食欲不振緩和に。

 

製油を使う時の注意点

※製油は濃縮されています、作用も強いので以下の点に注意して正しく使用しましょう。

  • 柑橘系の精油(オレンジ・グレープフルーツ・ライム・レモンなど)紫外線に反応してアレルギー症状を引き起こす作用があるので、日光の当たる部分への使用を避ける事。
  • 妊娠中・高血圧の人・乳幼児に使用できないものも多くあるので、必ず医師や専門家に相談してから使用する事。
  • 敏感肌の人は「パッチテスト」をしてから使用する事。

 

これだけは揃えたい天然オイル

天然オイルには、肌をなめらかに保湿し保護してくれる力があります。

オイルには色々なバリエーションがあり、使い心地に違いをもたらしてくれます。

「小さじ4分の1」というのが、バスオイルの基本。

 

肌に合いさえすれば好きなオイルを使えます。

ゆっくりお湯につかりながら、身体全体に手でなじませる様にしてから上がって下さい。

肌をしっとりとさせ、お風呂上りのボディクリームなどは必要ありません。

オイルの膜が身体を包んでくれる事で、湯冷め防止にもなります。

だいたい100mlで1200円~くらいで購入できます。

 

ヘーゼルナッツ 甘く香ばしい香りのオイル。皮脂の成分であるオレイン酸がたっぷり。とても豊かな保湿力があり、
乾燥肌や、時期は乾燥に酷い冬にぴったり。
バスオイルに使用するものは、アロマテラピー用。
マガデミアナッツ油 マガデミアナッツの実を絞ったオイル。傷の修復や
新しい細胞の成長を促すとされる皮脂成分である
パルミトレイン酸を含み、豊かな保湿力がある。
日焼け・傷・肌荒れ気味の時のバスオイルに
特におススメです。
アボガド油 アボガドの果肉を搾ったオイル。皮脂成分であるオレイン酸による豊かな保湿力がある。数あるオイルの中でも
最もアレルギーを引き起こしにくい。北米ではベビーオイルとして使われる事が多い。特にナッツアレルギーのある人にはおススメです。
ホホバオイル ホホバの実を搾ったオイル。オレイン酸はあまり含まず
同じく皮脂成分であるロウによる皮膚の保護効果と
保湿力を持つ。上記のオイルより軽めの使用感だが
肌を摩擦や外気の刺激から守り、すべすべとさせる。
オレイン酸過剰のために「にきび」がでやすいが
保湿も必要というタイプの肌のバスオイルに良い。

 

購入はNAGOMI AROMA(http://nagomiaroma.jp/shopbrand/essential)が専門ですので何でも揃います。

Amazonや楽天でももちろん買えます。

 

あると便利な小物たち

ガーゼの小袋


ハーブや粉ミルクなど合わせて作る入浴剤は、こんなガーゼの小袋に入れると「湯船」に
素材が散らばる事がありません。

湯につかりながら、入浴剤の入った小袋を手にもって、身体を優しく擦る事もできます。

使った後も洗って何回でも使えます。

 

粗塩(ソルト)オイルを入れる瓶かタッパー

肌につける事ができない・お風呂に入れない製油・オイルでも置いておくだけで、湯気の中に広がる「香り」を楽しめます。100円ショップでも手軽に購入できますね。

 

台所にある材料でオリジナル入浴剤5選!

では材料や小物が揃ったら、オリジナル入浴剤にチャレンジしてみましょう!

<ローズマリーとレモンのバスソルト>

【材料】(4~5回分)

  • 天然粗塩:1カップ(200ml)
  • アボカド油:小さじ1杯(5ml)

精油

  • ローズマリー:12滴
  • レモン  :8滴

 

【作り方】

●大き目の広口ガラスびんなどに、天然粗塩・アボカド油・精油(ローズマリー・レモン)を加えてフタをし、よく振って出来上がりです。

血行を促進し、肩こり・関節炎予防に。頭をすっきりさせてくれるローズマリー。

爽やかなレモンの香りと合わせると、休日のバスタイムにぴったりです!

 

<モミの木のバスソルト>

【材料】(4~5回分)

  • 天然粗塩・・1カップ(200ml)

精油

  • もみの木:15滴
  • ジュニパー:10滴
  • 乾燥ミントの葉:小さじ1杯

 

【作り方・使い方】

●大き目の広口ガラス瓶などに、粗塩・ミントの葉を入れ、精油を加えてふたをし、よく振って出来上がりです。使う時は「ガーゼの小袋」に入れる。

 

<ラベンダーとローズマリーのバスハニー>

【材料】(1回分)

  • 天然はちみつ・・大さじ2~5杯

ドライハーブ

  • ラベンダー:大さじ1杯
  • ローズマリー:大さじ1杯

 

【作り方・使い方】

①はちみつをカップに入れて浴室へ

②ティーバック・だしパックなどにドライのラベンダー・ローズマリーを詰める。

③ ①と②を湯船に一緒に入れ、はちみつを溶かし、ドライハーブを揉みだし入浴。

 

 

<お正月に・・松葉のにごり湯>

【材料】

くず粉(コーンスターチ)・・大さじ4~5杯

  • ホホバオイル     ・・・約25滴

精油

  • パイン  ・・3滴
  • ジュニパー・・2滴
  • 松葉をきざんだもの ・・大さじ1杯
【作り方・使い方】

①、広口のガラス瓶にくず粉(コーンスターチ)と刻んだ松葉を入れる。
②、ホホバオイル(さじの上)+パイン+ジュニパーの精油をたらす。
③、①の瓶に②のオイルを加えて、よく振って混ぜ合わせる。
④、ガーゼの小袋に③を包み込み、湯船に入れ混ぜ合わせながら入浴する。

お正月の「門松」の松の葉を刻んだものを利用するにごり湯です。

松の精油は「パイン」という英語名になっています。

香りを楽しむために使いますが、皮膚に直接につく事がない様に希釈して、ホホバオイルを合わせ、森林浴の香り・ジュニパーを足して使います。

スーッとした芳香で喉まで気持ちよく、関節や筋肉までほぐれる気分になります。

 

<ビールと黒みつ・レモンのお風呂>

【材料】(一回分)

  • ビール:カップ1~2杯
  • 黒みつ:大さじ2杯

【作り方】
①、レモンの皮をティーバック・ガーゼの小袋に包む。
②、ビールにはちみつを溶かしておく。
③、①と②を浴槽に入れ、ゆっくりつかりましょう。

楽しい宴会で残ってしまったビールを活用したお風呂です!素朴な甘みのある穀物の香りと柑橘系の芳香が漂う、健康的なお風呂です。

ビールはワインより保湿力が高いので寒い季節もどうぞ。

 

 

自分だけのレシピ

入浴剤というのは実に色々な効果が、見られます。

例えば「リラックス」と言っても・緊張緩和・頭の疲れをとる・筋肉の疲れが癒されるなど、お風呂に入れる「材料」によって効果は様々です。

「眠気を誘う」という精油をいれても、その晩全く寝れなかったという事もあります。

自分で入浴剤を「手作り」したら、そのレシピと使い心地をメモ・日記風にまとめておくと大変面白いと思います。

「あの日は効果なかったけど・・今日はあったなぁ」とか身体の調子によって反応も様々。

そんなところがハンドメイドの面白さではないでしょうか?

 

次は市販されている入浴剤で「一度は絶対使ってみたい!!」という入浴剤をあげてみました。

ハンドメイド派か購入型か・・様々なので自分の肌に合った入浴剤を選んで見て下さいね。

 

死ぬまでに一回は使ってみたい入浴剤2選!

1、常備浴

(出典:株式会社富山常備薬グループ公式サイト)

 

北陸富山よりお届け!

生薬配合の薬用入浴剤 医薬部外品『常備浴』!

●10種類の植物エキス配合。有効成分が温浴効果を高めてリウマチ・神経痛・腰痛などの痛みの緩和に効きます。
●乾燥を防いでうるおいを保つとろみ生薬浴で、荒れ性・にきび・しっしんなどの肌トラブルの緩和に効きます。
●ベースの水は北アルプスの温泉水を使用!さらに塩素除去効果で肌に優しく、小さなお子様からご年配の方までおススメ!

【効能効果】
あせも、荒れ性、うちみ、くじき、肩のこり、神経痛、しっしん、しもやけ、痔、冷え症、腰痛、リウマチ、疲労回復、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、にきび

 

2、薬用オンセンス

神経痛 リウマチ 腰痛 冷え症 産前産後の冷え症 痔 肩のこり うちみ くじき 疲労回復 荒れ性 あせも にきび あかぎれ しもやけ しっしん

(出典:http://onsens.shop-pro.jp/?pid=13487784)

 

さて最後にとっておきのスーパー入浴剤をご紹介します。

 

超おすすめスーパー入浴剤とは!?

それは炭酸泉です!

<炭酸泉の効能>

  1. 血管を広げ、血液量が約1.5倍になります。
  2. 毛細血管の活動が活発になって、肩こりや腰痛がやわらぎます。
  3. 血圧が下がります。
  4. 体内の血液がアルカリ性になります。
  5. 体内の酸素濃度が上がります。
  6. 通常のお湯に比べ約3倍の保温力があります。
  7. 体の表面が弱酸性になり美容効果があります。
  8. 体の代謝が活発になり、筋肉痛や関節痛の原因となる乳酸の減少を早めます。

(引用:炭酸泉の効能)

これだけの効能が有りながら炭酸泉は実は簡単に自分で作ることが出来ます。

 

炭酸泉の作り方

用意するものは「重曹」と「クエン酸」のたった2つです。

  • 重曹:大さじ2
  • クエン酸:大さじ1

※(どちらもご近所の薬局などで買えますし、食品としても使える安全なものです

 

お好みでアレンジもできます。血行促進や老廃物の排出もしたいなら↓

  • 荒塩:大さじ2

を加えればバッチリです。

 

さらにリラックス効果を高めたいのなら、先に紹介した香りの良いオイルなどもお好みで配合すればいいでしょう。

比率を同じにして1ヶ月分くらいを大量に作り置きすれば手間が省けます。

まさに入浴剤マスターとなれますね^^

 

ところでお湯の温度は何度が理想?

実は40℃の湯船に10分浸かるのが理想です。これは夏だろうが冬だろうが季節に関係無く最適な温度と時間になります。

 

某大学で38℃と40℃と42℃の3種類の湯船に被験者が10分間浸かり、その後の体温の変化を計測するという検証をした結果、一番体が冷めなかった温度は40℃だったわけです。

 

冷え性の私は今まではかなり熱いお湯に入ってたんですが、熱いのは実は逆効果という結果を知って40℃で入るようにしてます。

 

確かに湯冷めにくいですし、疲れにくくなりました。

お風呂の温度についてもっと詳しく知りたいかたはこちらのサイトへどうぞ

 

まとめ

手作りで安心、肩こりにも効く手作り入浴剤いかがでしたか?

湯船に投入する「入浴剤」に叶えて欲しい事・・それは

 

気持ちと身体をリラックスさせストレス発散でき「疲れ・肩こり・首こり・腰痛等」の効能を存分に発揮してくれる事です。

 

それを気軽に家にある材料などを上手に組み合わせて自分に合った「入浴剤」を作る楽しさは市販のものでは味わえません。

 

ぜひ試して見てください。

 

 

 

 <我慢できない肩こりにすぐにでも効果を感じる厳選おすすめサプリ!>

  <整体や治療院に頼らず、自分で肩こり頭痛を改善する方法肩こり改善「福辻式」DVD>