しつこい肩こり、何かを背負ってるように重い、部分的に鈍い痛みやズーンとした痛み・・・皆さんも経験してますよね。

自分で肩をグルグル回したり、首を左右に振ったり・・・でも、今イチ治らない・・・

 

でも病因へ行くほどの痛みでもないので生活の忙しさで、結局そのままって人多いんではないでしょうか?

たまにマッサージ店などへ行くも、その時は効くんですが翌日からまた肩こりの繰り返しに。

 

今回はそんな方に向けて本当に良く効くストレッチをご紹介したいと思います。

 

肩こり解消!たった3分で効果がでるストレッチ方3つと注意点

どうしても取りたい!!この重い痛い症状。

仕事もあるから病院にもなかなか行けないし、これまでの医師や理学療法士、カイロプラクターによる治療は、その時の症状を改善するには良いですが結局また再発してしまう人が多いです。

 

なので気がつけばそういった所の常連さんになってたりする人が後を絶ちません(汗

お金もバカになりませんよね。

 

ではなぜ再発するのでしょうか、理由は簡単です

症状が出てから急きょストレッチや体操やマッサージなどをやってるからです。

症状が無い時にも習慣としてやっていれば、凝りにくい状態が維持出来るんです。

 

凝りや痛みが蓄積してからではやはり遅いんですね。

病気でも何でもそうですが、健康で何でもないときにこそ体に留意する事が大事なんです。

 

では効果的なストレッチ方法をご紹介します。

 

効果のあるストレッチ

1「基本ストレッチ」症状が軽めの人

  • 首の突っ張り
  • 背中の突っ張り
  • 肩のこり
  • 腰の痛み

などに効果有り。

まずは下の動画のような軽めの基本ストレッチから始めましょう。無理はしないでください。

 

※注意点

一つ注意することがあります、人間の頸椎はもともと角度が50°までしか傾きません。

体が柔らかい人だろうが硬い人だろうが50°までしか傾かないので、無理をして傷めないようにしましょう。

軽~くゆる~くやるのが基本です。

 

 

2「首のプログラム・中級」突っ張り感や重さを感じる方におすすめ

まずは首を下に向けおへそをのぞき込むようにして、どこかに突っ張り感などがあればそれを覚えておきます

動画を見ながらマネしてみてください。

 

終了後、その突っ張り感や痛かった部分がどうなったか比較します。

動画の方は30秒と言っていますが、トータル3分くらいが理想です。

 

これをワンセットとして、朝昼晩と3セットを習慣化しましょう。

※(酷く痛む時は「ストレッチ運動」は辞めて下さい。痛みが酷くなる場合もあります。

 

3「首こり・肩こり解消&予防」痛みが重めの人向け

特長は背中と肩甲骨周りをほぐすので、凝りだけではなくストレス発散にもなります。

昼食後などにやれば眠気防止にも役立ちます。

歯を磨くのと同じようにぜひ習慣化しましょう。

 

 

背中式呼吸は日頃、スマホばかり見ている人にはぜひやってほしい呼吸法です。

電車の中でもほとんどの人はスマホの画面をうつむきで見ていますよね。

なのでしっかりと深呼吸するということがありません。

 

スマホの後はこの方法で深呼吸すると沢山の酸素を取り込むことができるので、頭も冴えて気分も晴れます。

 

 

ストレッチの注意点とは?!

温める

1日3回やるとして、その内の1回は自宅でしたら入浴注もしくは入浴後の首と肩が暖まった状態のときにやると効果抜群です。

つまり出来るだけ首や肩は温めてあげるほうが当然ですが血行も良くなり、筋肉や筋などもほぐしやすくなります。

 

グルグル禁止

首をよくグルグル回している人がいますが、絶対にやめましょう。首関節がすり減るだけです。

ますます悪化させる原因の一つですのでやめましょう。

 

痛みが強い時はやめる

1-1

ストレッチを行い痛みが強くなったり、痛みに耐えられないくらい強くなったりしたら「ストレッチ」を即やめてください。

そして病院へ行って相談・検査してもらって下さい。

個人的病状・症状には個人差があります。完璧な「自己治療」には万人に効果があるとは限らないという事を頭に入れて下さい。

 

1-2

初めての痛みの方は、まず病院でいっかりとした受診をし、自分で「病名」を把握し医師や理学療法士の指示に従って下さい。

 

1-3、以下の人はまず必ず、医師の診断を受けて下さい。

①、手足のしびれ・震撼(ふるえ)のある方・・内臓疾患の前兆かもしれません。

②、最近、大きな事故を起こした方・・

脳外傷による高次脳機能障害(注意1)の疑い(注意1)高次脳機能障害とは?

交通事故等により脳に損傷をうけ「麻痺・記憶障害・脳からの出血など」身体に障害が重度に残り得る障害の事。

後日機会があれば具体的にご説明したいと思います。

③、きっかけもなく酷い頭痛を発症し、繰り返し吐き気・めまいを繰り返す。

 

1-4、お風呂について

湯温は男女、年齢問わず40℃が理想です。

とくに肩こりの酷い人は肩や首までしっかり浸かりましょう。

時間は10分を目安に。

 

40℃でも10分浸かることで深部体温が上がりますから、熱いお風呂に短時間浸かり入った気分になってるひとより確実に暖まっています。

 

湯温は給湯器の温度表示より、お風呂用の温度計を購入してください。

給湯器の温度表示は配管の長さなどで不正確な場合があります。

 

 

 

 

「あくまで・・個人的なお話:その1」

自分は車が横転する大きな事故にあいました。その前に数回、むち打ちもやってます。

そしてストレート・ネックです。

色々な事が重なり三十代後半、耐えきれない首・肩の痛みに整形外科へ行き「頸椎椎間板症」と診断されました。

その時の先生が、”マッケンジー法”を熟知した医師だったので私も適切な対策を提供できるようになりました。

(ストレッチ法を図にして渡してくれる病院なのです)
担当してくださった先生はとってもいい方でした。おかげさまでかなり良くなっております。

 

マッケンジー法とは

マッケンジー法は、腰痛や首の痛み、手足の痛み等に対する検査法、施術法として国際的に高い評価を得ています。ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジーによって、1950年代に考案されて以来、世界中で広く活用されている健康回復のための自己管理方法です。

 

マッケンジー法の認定セラピストは、腰痛や首の痛み、手足の痛み等を、マッケンジー法を活用してどのように検査すればよいかを、国際マッケンジー協会が設定した教育システムを履修することによって習得しています。

 

マッケンジー法は、腰痛や首の痛み、手足の痛みなどで悩む人が、自身の問題を自らが主役となって解決すべきであるという哲学です。自らが主役となって自身の問題を解決する自助論として、世界中の患者や臨床家から信頼され活用されています。マッケンジー法は、理学療法などの分野において、最も多く研究の対象とされるものの一つです。

(引用:国際マッケンジー協会日本支部)

 

 

まとめ

肩こり首こりは、痛みが無い時から意識してストレッチを習慣化しましょう。

痛くなってからでは、慢性度が増すことになりかねません。

 

そして1時間に1回はスマホから目を離し空を見上げましょう。

すると胸が張り新鮮な酸素をタップリ取り込めて、眠気や頭がスッキリしします。

と同時にストレートネックの予防にもなります。

 

お役に立てたら幸いです。

 

 

(記事:kerorin)

 

 <我慢できない肩こりにすぐにでも効果を感じる厳選おすすめサプリ!>

  <寝ながら肩こりや頭痛が自然と解消する枕とは!?>