私の職業は漫画家です、1日中原稿用紙とにらめっこしてます。もう25年以上です。

実は視力には自信がありました、しかし10年ほど前から映画館やカラオケの字幕が見辛くなってきて嫌だったメガネをかけることに・・・。

 

視界は鮮明になり全てが鮮やかになりました・・・が、同時に(今思い起こせばですが)肩凝り首こり突然の背中痛の頻度が増してきました。

 

さらに、アシスタントさんたちにも目が悪い人もいてメガネをしてる人、コンタクトの人、レーシックをした人・・・色んな人達がいましたがほとんどが極度の肩凝り症でした。

私のカミさんは極度の近眼でコンタクトなしでは何も見えない人で、やはり酷い肩凝り症です。

 

ところが私の母は82歳ですが肩が凝ったことは一度もないといいます。メガネもかけていません。

これはもしかしたら視力と肩凝りには関係性があるのではないかと考えるようになりました。

 

で、今回色々と調べてみたところ面白い新事実を見つけました。

それは単に視力だけの問題ではなく、本当の視力「脳内視力」も関係していたという事実です。

では詳しく見ていきましょう。

後ほど視力回復に役立つ目のストレッチとグッズもご紹介します。

 

肩こりは視力低下と関係があるのか?視力回復方法とグッズ紹介

 

「脳内視力とは?」

メガネ店などで測定する視力検査(眼球視力)ではなく、「眼と脳の関係」つまり脳内視力が左右することです。

では眼球視力と脳内視力の違いはなにか?

  • 眼球視力とは?➡眼科やメガネ店でいう”一般的視力”「視力0.8とか1.2とか」
  • 脳内視力とは➡眼科やメガネ店では測れない「本当の視力」慢性疲労の原因になっている日本人の3人に一人が問題を抱えている。

よく「眼鏡店でこれで1.8です。よく見えるでしょう?よかったですね!」普通はこれで終わりです。

実はそれだけでは「本当の意味」で”見える様になった”とは言い切れないのです。

なぜなら、これらは「眼に映像が映っているかどうか」しか調整していないのです。

 

実は【本当の視力=眼球視力+脳内視力】・・これはその名の通り「脳が見る視力

この視力で問われるのは「眼に入った情報が、100%脳に届いているかどうか」という事です。

 

眼に入った情報というのは、脳で処理されて初めて認識されます。

つまり「ものを見る」ということは「脳が見ている」といっても過言ではありません。

 

その時情報が脳に100%届いていれば本来そのままの世界がちゃんと見えており「本当に眼がいい」といえます。

それではこの「脳内視力」に問題がある場合、どの様な不都合が生じるのでしょうか?

 

「肩こり」との関係の原因はここにあった!

今あなたが見えている画像(世界)は「左眼から見えているもの」と「右眼から見えているもの」がそれぞれ左右対称しかも逆さまに脳に届き、脳でそれらを普通に見えているように処理されて映し出されているものです。

 

では先に述べた「三人に一人」の人が、本を読むとどうなるのか。

例えば右眼は1行目を見ているのに、左眼は3行目を見ている・・・という状態になります。

しかし、これは自覚がまったくありません。

 

【このずれを脳は?】

右眼と左眼のずれを合わせようと必死で調整しているのです。

脳は「もう~~勘弁してぇ~」と叫んでいるのですが、「もうちょっと・・もうちょっとね」と読書やパソコン作業を続けていると、眼も脳も理解しようと神経を使い続けるので、脳内視力が正常な人の何倍も酷使してしまう事になるのです。

 

【その結果】

眼の疲れ(脳の疲れ)⇒頭痛⇒肩こり

という流れになります。

 

「最近、本を読むと疲れて・・読書好きなんだけど・・年かしらねぇ・・」この【脳内視力】は加齢とともに落ちていきますので、現代の日本では、こうした「脳内視力」について調べる検査は行われていません。

 

実はほとんどのメガネ店で調べる事は可能なのですが、丁寧なカウンセリングと検査が必要な為、なかなか一般的にならない現状です。

 

「何時間もかけてパソコンやスマホで文章を作ったり、文字を読んだりすると、営業の外廻りの何倍も疲れが酷くって。身体もだるい」これは、「脳内視力」の問題が疲労を倍増させているからです。

 

肩こりと脳内視力の固い結びつき

今ではデスクワークにパソコン・休憩時間にはスマホという不可欠な時代になりました。

 

このサイトでもご紹介しましたが、<ストレートネックが1日たった7分で矯正できる○○○とは?>など肩こりには「姿勢による負担・ストレートネックゆえの負担」悪い姿勢(あごに前に突き出す事)で、もっとも一般的な原因の一つである事はご理解頂けたと思います。

首の痛み・肩こり・頭痛を引き起こす要因です。

 

長時間パソコン・スマホに向かっていると、筋肉が緊張してこわばり「疲労物質」が上手く血流に流れなくなってきます。

その結果、神経が刺激され「肩・首・背中のこりや痛み」が起きます。

 

【脳内視力】が悪い人が「肩こり」になるのは、やはり”姿勢”にも原因があります。

「眼球視力」がどんなにいい人でも、パソコン・スマホ作業をしている時に、文字は見えているのに「前かがみ姿勢」になるのは、単純に姿勢が悪いからではないのです。

 

左右の眼の焦点が合わないから、自分でもきずかずに「前かがみ姿勢」になり、画面を凝視してしまうのです。

 

そうするとおのずと「首・肩・背中」の筋肉がこわばってきます。

また当サイトの<辛い肩こりの原因は肩ではない場合がほとんど!「原因リスト」>でご紹介している様に、様々な要因も加わり、頭は約「ボーリングの玉」と同じ重さである事もご存知だと思います。

 

その首を傾けている姿勢を、長時間していると「首~肩」にかけて筋肉はコチコチ・ガチガチになってしまうのです。

しかし「脳内視力」が良くなれば、画面に眼を近づける事なく見える様になります。

文字がブレたり、二重になることもありません。

よって「正しい姿勢」を維持できるようになり、「肩・首・背中」のこりも改善するのです。

では「脳内視力」をどうやって良くしていけばよいのでしょうか。

 

脳内視力のトレーニング

左右の眼が別の方向を追っていて、読み飛ばし・読み直しが多くなるのは眼球そのものの動きが弱い事が関係しています。

曲線を両目で捕らえるトレーニングをする事で、「眼から脳への情報システム」をスムーズにします。

また近くを見る手元の作業も楽になります。

 

●こんな人は特に必要!!

  1. 読み直し・読み飛ばしが多い人
  2. 手元の作業をすると、頭痛や眼の疲れが起きる人
  3. パソコン作業をすると、疲れやすい人
  4. 眠っても「疲れがとれない」と感じることが多い人

 

迷路などをリラックスしてやってみると効果的です。

 

A~Fのアルファベットからスタートして1~6の数字がゴールです。

また数字からスタートして、アルファベットがゴールも行って下さい。

眼だけを使って行ってください。(所用時間・・30秒ぐらい目安です。)

続けられそうな方を選んで「すきま時間」に実践してみてください。勿論、トレーニングの後は、眼をゆっくり休ませてあげましょう。

照明の明るすぎない場所で、眼を閉じて1分程リラックスしてください。

「眼をよく動かす➡休む」という習慣をもつだけで「眼と脳の関係」はどんどん好転していきます。

 

「動体視力」をあげるトレーニング

ゲーム感覚でとにかく眼球を動かしましょう。脳に刺激がいく事により「脳内視力」も鍛えられます。

ヒデミック式脳内ストレッチ〜動体視力テスト(1)

 

さらに視力回復に役立つ楽しいトレーニングがあります。それがステレオグラムです。

 

ステレオグラムとは?

平面に描かれた図や絵を目の焦点を意図的に前後にずらして合わせることで、左右の絵を別々の目で見ることにより、立体的に隠れている絵が3Dで浮かび上がってきます。

度を合わせる筋力のストレッチで非常に目の疲れの回復に効果があり、視力回復にも繋がります。

 

どんな絵が浮かび上がりましたか?

正解はコチラ↓

この絵が浮かび上がればコツはつかめたといっていいでしょう。

出来ない人は赤いをした部分で練習してみましょう。

絵から30㎝~50㎝離して少しずつ焦点を合わせていきます。

 

その他2

 

その他3

あえて答えは書きません、なんとか自力で絵を浮かび上がらせてみてください。

 

さて目のストレッチが終わったら完全に目を休ませましょう、緩急が大事です。

それにはグッズを使うのが効果的です。

 

目の疲れ、脳内視力の回復を助けるグッズ

肩や腰の痛みには塗り薬や湿布などがありますが、目の周囲には使えません。

そこでグッズが役立ちます。

LeaTherBack

 

(出典:https://www.amazon.co.jp/

疲労を緩和する目の保護器 視力を守る護眼器 USB充電眼部マッサージ器 ワイヤレス式の目のマッサージ器 電動美容器 ファッションで ワイヤレス式の目のマッサージ器 仕事や勉強、長時間の読書、パソコン、スマホ、ゲーム、車の運転などで疲れた眼に。

価格:4299円

 

適応者:大、中、小学生、近視、遠視、脳を使い、目の使用過度及び眼鏡の長時間使用で起こした目の疲労の状況;パソコン操作者、経理、設計師、秘書、教師、長時間のドライバー、精密器具の従業者など、目と脳を主として使う作業者;目尻の筋、くま、目の弛み、長時間のネット依頼者、徹夜不眠者。

商品の特色:ワイヤレス;自由に折り畳み、持ち運びに便利赤外線でジェスチャーを操作する;移動充電;多週波数振動;外観がお洒落です。

五つのマッサージモード:自動モード、クリアモード、活力モード、美容モード、睡眠モード。実際に即して必要なパターンを調節して、気持ちいいマッサージを楽しめます。しかも「眼部経絡」をマッサージしてくれます。

 

コイズミ 目もとマッサージ エアーマスク ホワイト KRX-4000/W

(出典:Amazon

商品の説明
◆心地よい「エア・温め・振動」機能で、こめかみや目もとをケアするアイマスク
◆7モードの組み合わせが楽しめます
◆選べる5/10/15分タイマー
◆ACアダプター、乾電池のどちらでも使える2電源方式
◆お好みの音楽を聴きながらリラックス空間に
最大で約500曲のMP3ファイルを取り込むことができます

 

「疲れ眼」にはもってこいのアイテムです。運動したら休ませる・・これ「基本」ですよね。

 

まとめ

肩や眼にも優しい習慣を・・

多くの現代人にとって、仕事でもプライベートでもパソコンなしの生活は考えられません。

その他、スマホ・タブレット端末・テレビ・・朝から晩まで近くのものを見続けています。

とはいえ、それらの情報機器を使わない訳にはいきません。しかし脳内視力が良くなると
沢山のメリットがあります。

 

肩こりがよくなる➡朝の目覚めがスッキリ!!➡頭痛が消える➡集中力UP

眼と脳を酷使しても効率がよくない。努力しているのに成績があがらない、これでは「身体も心」もつらいですよね。

 

気合いだけでは乗り切れません。

生活習慣の質の向上にもぜひ「眼」も「肩」もいたわり、すがすがしい毎日を送りましょう。

 

 

 <我慢できない肩こりにすぐにでも効果を感じる厳選おすすめサプリ!>

  <寝ながら肩こりや頭痛が自然と解消する枕とは!?>